MODEROOM
info Others
Home  -  info
  
投稿者 : kasiko 投稿日時: 2014-07-19 18:00:00 (3689 ヒット)

トーク・イヴェント「ニュー・ウェイヴとはなんだったのか」
vol.3 福間創〜この音こそニュー・ウェイヴ〜(昼)
 
17:00からの回が即日満席となったため、昼の部を開催します。
 
日時: 2014年8月30日(土)11:00開場/12:30開演(14:30終演予定)
場所: Cafe Bar & Music Gazio
茨城県つくは?市吾妻3-16-7
http://gazio-tx.com/
 
要予約(定員40名)
申し込み期間: 7月20日(日)9:00〜7月27日(日)9:00
*申し込み期間内に定員を超えた場合は、抽籤(ただし17:00の回を予約していない方を優先)を行い、予約を確定します。
*申し込み期間内であれば、定員に達した場合でも、申し込みは可能です。
*申し込み期間内に定員に達しなかった場合は、抽籤は行わず、予約を確定し、定員に達するまで先着順で予約を受け付けます。

なお、昼の部(12:30開演)と夜の部(17:00開演)は、基本的に同じ内容を予定していますが、トーク・ライヴという性質上、発言内容などは異なることがあります。
また、昼の部開催のため、申し訳ございませんが、夜の部の開場時間を予定していた15:00ではなく、16:00とさせていただきます(開演時間に変更はございません)。

料金: 1500円(1ドリンク付き/店頭でお支払いください)
食事は別オーダー+700円(予約時選択) 

お申し込みは下記ページより(申し込み期間前はアクセスできません
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/eguide/event.php?eid=5

「ニュー・ウェイヴ」というムーヴメントはいったいなんだったのかを検証していくシリーズ・トーク。
第3回は「シンセサイザーとコンピューターの申し子」福間創が登場。
P-MODEL, Yapoos, ケラ&シンセサイザーズといったバンドに在籍し、現在は soyuz project を中心にキッチン発のエレクトロ・サウンドを展開している福間創が「ニュー・ウェイヴ・サウンドとはなんだったのか」を語る。
パンク/ニュー・ウェイヴには、一定の音楽形態ががあるわけではなく、サウンドよりもむしろファッション、ヴィジュアル、音楽へ向かうスタンスといった「ニュー・ウェイヴ的姿勢」から語られることが多い。しかしながら、漠然とでも「ニュー・ウェイヴらしいサウンド」が存在するのも確か。シンセサイザーの音色、リズム・ボックスのビート、得体のしれないノイズなどななど、リアルタイム世代ではないからこそ見えてくるニュー・ウェイヴ・サウンドのコアに福間創が迫る。
いいニュー・ウェイヴもあれば悪いニュー・ウェイヴもある!!
 
語り手: 福間創 http://www.soyuzproject.com/
聞き手: 高橋かしこ
主催: ファッシネイション
 
当日の構成(予定)
◯福間創のニュー・ウェイヴ原体験
◯ニュー・ウェイヴを形づくったサウンド20撰
◯福間創にとってのニュー・ウェイヴ・サウンドとは?

*内容は昼の部も夜の部も同じです

ドリンクは、来店時にお選びください。
ビール、ウイスキーほか、コーヒー、紅茶などソフトドリンクもございます。
 
食事は予約時に下記よりお選びください。
(A)粗食丼 (B)キーマ・カレー (C)ヴォルキス・カレー
 
15:00開場/17:00開演ですので、開演前にゆっくり飲食することもできます。もちろん食べたり飲んだりしながらトークをお楽しみいただけます。
福間創作品の販売も予定しています。
 
お問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
当日のキャンセル以外では、Gazioへのお問い合わせはなさらないようお願いします。
http://fascination.co.jp/modules/ccenter/?form=1
 


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2014-06-01 08:00:00 (1218 ヒット)

6月下旬発行予定としておりました『音のみぞ volume.1』ですが、5月末日までに102冊のご予約をいただきました。

http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=169

「5月末日までに予約が500部に達しなかった場合は企画の変更または中止をします」としておりましたが、発行はいたします。
ただし、発売日は7月以降、企画・内容も一部変更の予定です。

詳細はまた後日お知らせいたします。


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2014-05-01 23:41:30 (3661 ヒット)

Unofficial HIRASAWA Fanzine INNER  GROOVER
『音のみぞ volume.1』予約開始

http://shop.fascination.co.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=1_6&products_id=32

http://moderoom.fascination.co.jp/modules/DayScanner/archives/2484
 

音のみぞ

「音のみぞ」とは「記録」もしくは「記憶」を意味します。
「音のみぞ」には終わりがありません。
あなたの心で永遠に回り続ける振動です。

仕様

  • 誌名: 隔月刊 音のみぞ(Inner Groover)
  • 体裁: B5判/16ページ/オールカラー
  • 創刊日: 6月下旬
  • 発行・発売元: 株式会社ファッシネイション
  • 価格: 324円(本体価格300円+消費税24円)
  • 発行部数: 1000部
    予約が500部に満たなかった場合は発売を中止することがあります

創刊号コンテンツ(予定)

  • 特集1: 平沢進 「これは戦争です」
    平沢進を核P-MODELへ向かわせたニュー・ウェイヴ的動機とはなんだったのか
    嗜好から主義へ 「食」はなぜ「戦争」なのか
    Gazioイヴェントでのトークやこれまの発言から探る
    ※本人インタヴューなどはありません
  • 特集2: 生井秀樹 interview & pix
  • 連載: 高橋かしこの「音のミゾから ハロー」
    第1回「美術館で会ったころだろ」
  • そのほかの記事
    平沢進/核P-MODEL『LIVEの方法2 導入のマジック』の楽しみ方
    Gazio1周年記念イヴェント「GazioLiquidPhononCafe」レポート

ご注意

  • コンテンツは発売時までに変更になる場合があります。
  • 5月末日までに予約が500部に達しなかった場合は企画の変更または中止をします。
  • PayPalでのお支払いは予約時に課金されますが、発売中止の場合は返金いたします。
  • 銀行振込の場合は、発売決定までご入金の必要はございません。
  • 販路はファッシネイションの通販のみですが、ごく限られたショップでの販売の可能性はあります。
  • 1000部以上の予約が見込める場合は流通を通す可能性もございます。

 


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2014-04-23 17:00:00 (1069 ヒット)

Gazioにてイヴェントを開催いたします。

ニュー・ウェイヴとはなんだったのか vol.1 生井秀樹〜写真で語るニュー・ウェイヴ〜 

開始時間 2014-06-22 (日)  17時00分
定員数 40人 (予約数 0人)
予約締切時間 2014/6/21 17:00

 

トーク・イヴェント「ニュー・ウェイヴとはなんだったのか」
vol.1 生井秀樹〜写真で語るニュー・ウェイヴ〜

日時: 6/22(日)17:00〜18:30予定
場所: Cafe Bar & Music Gazio
茨城県つくは?市吾妻3-16-7
http://gazio-tx.com/

要予約(先着40名)
料金: 1500円(1ドリンク付き/店頭でお支払いください)
食事は別オーダー+700円(予約時選択)

ご予約はこちら 


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2013-06-23 23:00:00 (1790 ヒット)

フリーペーパー『マガゾフ』2号でGazio特集。
「トープ・タッカン・イーウー」と名乗るGazioスポークスマンのインタヴューも掲載。

http://magazoff.com/

6月18日配布開始
マガゾフ社発行
0円

中野MECANOとつくばGazioで入手可能。
 


« 1 2 (3) 4 5 »