Home  -  info
  
投稿者 : kasiko 投稿日時: 2015-09-27 21:00:00 (2290 ヒット)

トーク・イヴェント「ニュー・ウェイヴとはなんだったのか」の第2シリーズ第3回を以下の要項で開催します。
9月28日(月)21:00より下記ページから予約開始予定です。 
(予約開始前はアクセスできません)
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/eguide/event.php?eid=13



つくば市吾妻の Cafe Gazio で開催するのはこれがラスト。というわけで、テーマはずばりニュー・ウェイヴとカフェ。
ゲストに、80年代には「旬」「ワールド・スタンダード」などのユニットやバンドに参加し、伝説のニュー・ウェイヴ・カフェ「ナイロン100%」での店員経験もあるというライターの松田勇治を迎え、ナイロン100%からGazioに至る「リスナーの出会いの場」が果たした役割を探る。
 
日時: 2015年11月22日(日)12:00開場/13:00開演(途中休憩あり16:00終演予定)
場所: Cafe Bar & Music Gazio
茨城県つくば市吾妻3-16-7
http://gazio-tx.com/
 
要予約(定員37名)
料金: 1500円(1ドリンク付き/店頭でお支払いください)
食事は別オーダー+700円(予約時選択)

テーマ: ニュー・ウェイヴとカフェ/クラブ〜松田勇治が語るナイロン100%からGazioまで
語り手: 松田勇治
聞き手: 高橋かしこ(ファッシネイション)

NYLON100 tape
ナイロン100%で演奏する松田勇治のバンドBIKINIと店内BGM用テープ


2013年4月、開店当時のGazio

ニュー・ウェイヴというのは、内向的・内省的な音楽であり、ミュージシャンにしろリスナーにしろ、およそひとづき合いが苦手そうなタイプばかりのジャンルである。むしろ、人間関係が得意であればこんな音楽は聴いていないといっても過言ではない。ライヴ・ハウスが唯一お互いの存在を確認する場であり、外界との接点であったとも言える。
しかしながら、逆説的ではあるが、コミュニケイションの新しい形を求めることに真剣でもあった。そのひとつが、ミニコミやファンジンなどメディアを通した交流であり、さらにはレコードの貸し借りサークルなどのコミュニティであり、やがては後年のパソコン通信、インターネットへと流れていく。
そして、ライヴ・ハウス以外のリアルでの接点として機能していたのが、ロック喫茶であり、のちのカフェやクラブであった。単なる「ファンの溜まり場」のような店から、常設オフ会会場のような店、リスナー側からの発信のベースになるような店まで、形態はさまざまであるが、マイナーな音楽ジャンルのリスナーだからこそ、まさに「同好の士」が交流できる「場」を求めていたのである。カフェではないが、レコード店のパイド・パイパー・ハウス、FUJIYAMA, BOY, Mecanoもそのような機能を有している(いた)。
80年代のナイロン100%やピテカントロプス・エレクトス、吉祥寺マイナー、そしてGazioといったスペースと密接な関係にある音楽を聴きながら、そうした「場」の果たしてきた役割について、松田勇治が語る。
なお、司会の高橋はそうした店に足を踏み入れた経験が乏しいため完全に聞き役に回ります。
 
当日はナイロン100%のレシピを松田勇治の監修で再現したチャーハンを特別提供。

質問リクエスト受け付けます
テーマに関することはもちろん、旬に関することなどテーマ外のことでも質問があればどんどんお寄せください。
 
当日のキャンセル以外では、Gazioへのお問い合わせはなさらないようお願いします。
ゲストへの質問やお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。

http://fascination.co.jp/modules/ccenter/?form=1
 


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2015-08-15 00:00:00 (536 ヒット)

INTERACTIVE LIVE SHOW

WORLD CELL 2015
 
水道橋・東京ドームシティホール
2015年11月27日(金)
2015年11月28日(土)
2015年11月29日(日)
 
1998年開催「WORLD CELL」の再演(続篇)となる。


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2015-05-30 12:00:00 (1675 ヒット)

東京・中野ブロードウェイにある中野泰博のセレクト・ショップ Mecano(メカノ)の開店10周年記念2枚組コンピレイションCD『築10年』が6月30日にリリース。核P-MODEL「白く巨大で」の新ヴァージョンが収録される。

mecano10

築10年
6月30日発売 

Disc-1 
01: PEVO / メカニカノ(新曲)
02: miurashunichi / everywhere(新曲)
03: 中野テルヲ / Amp-Amplified (2015 New Recording)
04: 横川理彦 / demon(新曲)
05: T.K.M.F / Our House (Demo Version)
06: monogramme / offset(新曲)
07: 成田忍 (UD zero) / マヨナカノパレード(新曲)
08: NeoBallad / 斉太郎節 (New Remix)
09: プノンペンモデル / 合図(LIVE+オーバーダブ)
10: Hajime Fukuma / DaisyTune (kyoto150325) 
11: 核P-Model / 白く巨大でt0t1(2015新アレンジ)
12: Shampoo / 光のしくみ(新曲)

Disc-2
01: SEXY-SYNTHESIZER / R or L ?(新曲)
02: Sharaku Kobayashi / 言問(新曲)
03: オーラルヴァンパイア / VIDEOLOVER(新曲)
04: ぽらぽら。/ MY HERO(新曲)
05: miami / マイアミソング (新曲)
06: デジタルス + ウロボロックス21 / ワッショイ!ニューウェイヴ番長(新曲)
07: Spiky Spoon / Skills of Heterodox(初CD化)
08: 井上誠 + 永田一直 / Voyage to Dreamquest(ライヴ・リアレンジバージョン)
09: Omodaka / Kokiriko Bushi 2015(New Version)
10: 村上ユカ / 蒼き調べ(新曲)
11: 松前公高/ コリウール組曲パート1?8(新曲)
12: 小川美潮 (ウズマキマズウ) / ドーナルセンター(LIVEテイクリマスター)

P-MODEL関連人脈は1枚めに凝縮。詳細はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/adoopt_s/65369436.html


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2015-05-20 22:00:00 (1496 ヒット)

核P-MODEL
パラレル・コザック

2015年6月3日発売(予定)
テスラカイト(ケイオスユニオン)
CHTE-0076

パラレル・コザック

01.崇めよ我はTVなり
02.アンチ・ビストロン
03.Big Brother
04.それ行け!Halycon
05.109号区の氾濫
06.白く巨大で
07.ビストロン
08.Dr. древние (Dr. Drevniye)
09.Dμ34=不死
10.ENOLA
11.Parallel Kozak
12.排時光
13.гипноза (Gipnoza)
14.パラ・ユニフス
15.Alarm
16.Timelineの東
EN
17.巡航プシクラオン

http://susumuhirasawa.com/special-contents/parallel-kozak_dvd/

2014年1月11日から14日の4日間、東京・赤坂BLITZで行われた核P-MODELのライヴ「パラレル・コザック」のDVD化。
曲順から最終日が中心の収録と思わる。
 
LIVE 核P-MODEL パラレル・コザック
2014/01/11-14
赤坂ブリッツ
ゲスト: PEVO 1号(ギター)  毛糸帽の男(キーボード)

http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=162
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=163
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=164
http://moderoom.fascination.co.jp/modules/info/index.php?page=article&storyid=165


投稿者 : kasiko 投稿日時: 2015-05-11 20:30:00 (2198 ヒット)

トーク・イヴェント「ニュー・ウェイヴとはなんだったのか」の第2シリーズ第2回。
ゲストはバチバチソニックのベーシスト、伊藤英紀。ソロ・プロジェクトSonikov(ソニコフ)をスタートさせ、第1作『parallel code』を4月29日にリリースしたばかりの彼が、魅惑のベース・ラインを実演交えながら紹介。その幅広い音楽的バックボーンの一端を披露してくれる。トーク後には、数曲のミニ・ライヴも予定。
 
日時: 2015年6月20日(土)12:00開場/13:00開演(途中休憩あり16:00終演予定)
場所: Cafe Bar & Music Gazio
茨城県つくば市吾妻3-16-7
http://gazio-tx.com/
 
要予約(定員37名)
料金: 1500円(1ドリンク付き/店頭でお支払いください)
食事は別オーダー+700円(予約時選択)

5月16日(土)10:00より予約開始 。先着順で受付。

語り手: 伊藤英紀
聞き手: 高橋かしこ(ファッシネイション)  

ニュー・ウェイヴ・サウンドというシンセサイザーやリズム・ボックスなど電子楽器に目が行きがちだが、従来的ロックのリード・ギター偏重主義への反動もあり、ニュー・ウェイヴでの音楽解体・再構築過程においてはリズム隊の復権が重視された側面もある。PiLやストラングラーズ、ジャパンを筆頭に、バンド形態のニュー・ウェイヴにおいてはベースが非常に大きな位置を占めていたし、ロック的なバンド形態をとらないエレポップや打ち込み系のグループにおいても、ニュー・オーダーはじめベース・ラインが重要なサウンドは多い。レゲエやファンク色の強いバンドではなおさらであるし、ヤング・マーブル・ジャイアンツのようなミニマルなサウンドにおいてもしかりである。

そうしたニュー・ウェイヴにおける「ベースの魅力」について、バチバチソニックのベーシストである伊藤英紀に、実演も交えながら存分に語っていたただく。プログレからポップスまで、幅広い音楽ジャンルに造詣が深い伊藤英紀ならではの、ニュー・ウェイヴにとどまらない音楽話に期待したい。

申し込みは下記ページで受付 (5/16にオープン) http://moderoom.fascination.co.jp/modules/eguide/event.php?eid=12

当日のキャンセル以外では、Gazioへのお問い合わせはなさらないようお願いします。 お問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
http://fascination.co.jp/modules/ccenter/?form=1

onikov『parallel code』

http://sonikov1.blogspot.jp/
https://soundcloud.com/sonikov/
https://soundcloud.com/silvertalbo 

 


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 42 »