MODEROOM
info 平沢進 24曼荼羅(不死MANDALA)2021年4月29日(木・祝)
Home  -  24曼荼羅(不死MANDALA)2021年4月29日(木・祝)
平沢進
平沢進 : 24曼荼羅(不死MANDALA)2021年4月29日(木・祝)
投稿者 : kasiko 投稿日時: 2021-05-04 13:00:00 (2421 ヒット)

平沢進 + 会人
twitterフォロワは24万人突破記念ライヴ
24曼荼羅(不死MANDALA)

大阪・フェスティバルホール
2021年4月29日(木・祝)18:00開演
https://www.festivalhall.jp/
 
●出演
平沢進
会人SSHO
会人TAZZ
ユージ・レルレ・カワグチ(#STDRUMS)/サポート・ドラムス

●配信サイト
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2107122&rlsCd=001
※4/29公演は5/6(木)23:59まで配信

●演奏曲目
01: TOWN-0 PHASE-5
02: 幽霊飛行機
03: 高貴な城
04: 空転G
05: 脳動説
06: 回路OFF回路ON
07: Gemini
08: スノーブラインド
09: MURAMASA
10: アヴァター・アローン
11: ロタティオン(LOTUS-2)
12: 遮眼大師
13: 排時光
14: オーロラ
15: Amputeeガーベラ
EN
16: Kingdom
17: Timelineの終わり(新曲/表記不明)

●特設サイト
https://www.susumuhirasawa.online/240000

https://susumuhirasawa.com/information/archives/1420
https://www.susumuhirasawa.online/attention2-24mandala

2日めも「いい鳴り」の無言大拍手で開演。
『救済の技法』ジャケットの「赤帯」をあしらった舞台美術に似つかわしく、初日は後半の起爆剤だったクアドラプル・ドラムの「TOWN-0 PHASE-5」からスタート。
2曲め「幽霊飛行機」で早くもレルレにビル・ブラッフォード(ブルーフォード)降臨。
続く「高貴な城」の3曲で本篇終了。あとは長い長いアンコール。
というのは言い過ぎだが、初日の緊張感に比べて楽日は目標達成が見えていたこともあり、余裕があったとは言える。
「オーロラ」で24万打達成するまでうっかり当初の目的(企画)を忘れるほどに充実した密度であった。
 
そういえば「第9曼荼羅」からの企画「打数カウント」って、スネアだけだったか。平沢進と会人2人はタムタムを叩いているが、これも打数カウントされてるのだろうか。
アルバム単位では『AURORA』までの曲しかバンド・スタイルでやってないので『Sim City』以降の曲に生ドラムが入るとそれだけで感動する。まったく卑怯な手だ。
レルレのドラミングは多彩で、曲によってマレットを使ったりと音色も豊か。
 
そういえば、上手会人(SSHO)はなぜか核P-MODEL曲でギターを弾きまくる見せ場があったけれども、下手会人(TAZZ)の影が薄かったのは残念である。「オーロラ」のキイボードは印象的だったけど。
 
新型レイザー・ハープの登場とか、いろいろあったけれども、そうしたことがどうでもよくなるほどに、とにかくこれまでのライヴでもっともプログレ度、ハード・ロック度の高い2日間であった。
かつて「ギター嫌い」を装っていた平沢進であるが、近年のライヴでは「ギター好き」を隠そうともせず弾きまくっている。
「会然TREK 2K20▲03」(2020年Zepp東京)スタイルでのライヴを大阪ではやっていなかったので「24曼荼羅」は大阪のみの公演となったのかもしれないが、シャッター通りとなった大阪へきた甲斐は充分にあった。

これが核P-MODELのライヴだったらどういう事態になっていたかと心配になる。
とか言いつつ、早くも Fuji Rock が気になっていたりする。

▲レルレにとって108打は楽勝か


印刷用ページ このニュースを友達に送る