MODEROOM
info 核P-MODEL パラレル・コザック 初日
Home  -  パラレル・コザック 初日
核P-MODEL
核P-MODEL : パラレル・コザック 初日
投稿者 : kasiko 投稿日時: 2014-01-12 14:00:00 (4475 ヒット)

LIVE 核P-MODEL パラレル・コザック
2014/01/11 赤坂ブリッツ
ゲスト: PEVO 1号(ギター)  毛糸帽の男(キーボード)

01: 崇めよ我はTVなり
02: Big Brother
03: アンチ・ビストロン
04: гипноза (Gipnoza)
05: 109号区の氾濫
06: Parallel Kozak
07: ビストロン
08: Dμ34=不死
09: Dr.древние (Dr.Drevniye)
10: 巡航プシクラオン
11: 白く巨大で
12: それ行け! Halycon
13: 排時光
14: Alarm
15: ENOLA
16: Timelineの東
EN
17: パラ・ユニフス

akasaka

全曲、平沢進とPEVO 1号によるEVOツイン・ギター。平沢進が全曲でギターを肩から提げるのは改訂P-MODELのBranch O(1996/10/05 日比谷野外音楽堂)以来かもしれない(「巡航プシクラオン」の1コーラスのみギターを持たずに仁王立ちで歌った)。
脚立上でのグラインダによるノイズ・パフォーマンスやギター・プレイ、スタンド・マイクによるシャウト、マイク・スタンドをボトルネックに見立てた奏法、謎の毛糸帽男によるキーボード・ソロなど、多彩な演出。


印刷用ページ このニュースを友達に送る