MODEROOM
フォーラム BBS Linux Marvell Gigabit LAN Driver for FedoraCore4
Home  -  Marvell Gigabit LAN Driver for FedoraCore4

Marvell Gigabit LAN Driver for FedoraCore4

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006/2/9 22:55
kasiko  Webmaster   投稿数: 76
(以下、まったくP-MODELとは関係ない私的メモです)

私の使っているマザーボードには、オンボードで Marvell 88E8053 PCI Express Gigabit というLANコントローラが乗っているのだが、Fedora Core 4 の標準ドライバでは動作しない。
幸い、メーカがLinux用ドライバのソースを用意してくれているので、それを利用する。
ドライバのコンパイルにはカーネルソースとカーネル開発パケジが必要なのだが、FC4ではなぜかデフォルトではインストールされないので、それもインストールしておく。

○用意するもの

Yukon GigE Linux Driver
Install package for Linux kernel 2.4.13, Install package for Linux kernel 2.4 and 2.6
http://www.marvell.com/drivers/driverDisplay.do?dId=107&pId=10

カーネル開発パケジ
kernel-devel-2.6.xxxxxx_FC4.xxx.rpm
カーネルソース
kernel-2.6.xxxxxx_FC4.src.rpm
http://fedora.jp/modules/download/

○カーネルソースのインストール

# rpm -Uvh kernel-devel-2.6.xxxxxx_FC4.xxx.rpm
# rpm -Uvh kernel-2.6.xxxxxx_FC4.src.rpm
# rpmbuild -bp --target i686 /usr/src/redhat/SPECS/kernel-2.6.spec

ビルドされたソースにシンボリックリンクを張っておく。

# ln -s /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.xx/linux-2.6.xx/ /usr/src/linux

○ドライバのインストール

ダウンロードしたドライバのソースを展開する

$ tar xvzf install-8_30.tar.bz2

DriverInstall というディレクトリが作成されるので移動してインストールスクリプトを実行する。

# ./install.sh

対話式のウィザードが始まるので、1)を選択

1) installation
2) generate patch
3) exit
Choose your favorite installation method:

しかし、エラーが出てコンパイルできない。
同じディレクトリに作成されるinstall.logを読む。

lsmod のパスが通ってないのと modpost がないのとで怒られてることがわかる。
install.sh をエディタで開いて lsmod を/sbin/lsmod としておく。
modpost はカーネルをビルドした際に生成されるのだが、なぜかコピーされれいない。
手動でコピーしておく。

# cp /usr/src/kernels/2.6.xxxxx_FC4-xxx/scripts/mod/modpost /usr/src/linux/scripts/mod/

再びインストールスクリプトを実行する

# ./install.sh

1) installation を選択し、ドライバをコンパイル&インストール。
(必要に応じて2) generate patch でパッチを当てておく)

うまくインストールされれば再起動。
以上。

P.S.
にしても、カーネルをアップデートするたんびにこの繰り返しってのがめんどくさい。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ