動作検証用Weblog

こんにちはアンドロイド


HTCX06HT Android OS (Android 2.1 with HTC Sense)

エーユーにさよならして、予告どおりソフトバンクモバイルへ鞍替え。
HTC Desire X06HT (Android 2.1 with HTC Sense) を入手して1か月が過ぎた。
思いつきで近所の店で予約したら普通に発売日に買えたのだが、巷では在庫がなく(初回出荷は5000台とのウワサ)入手難それ自体が話題になっていたりするようだ。

最初は壊しそうで叮嚀に扱っていたのだが(それでも真っ逆さまに♪落としたこと2回)だんだんどうでもよくなって、ケースだのフィルムだのはなくてもいいかと思うようになったころだったのだけど、本体購入時に予約注文しておいたPDAirのアルミニウム・ケース液晶保護フィルムがようやく今日になって香港から届いた。
せっかくなので装着してみる。

W-ZERO3でも同じPDAirのアルミニウム・ケースを使っていたの慣れていたが、34.5gもあって重たいし、厚い。
わたしはこのメタリックでごつい感じが好きなのであるが、そうじゃないひとにはあまりお薦めできない。
バックプレイトを外す以外はケースを装着したままですべて操作でき、充電もできるし、スタンドにも乗る。
画面の有効エリア外はきっちり覆われるのはいいが、指をすべらるせるとヘリにひっかかる。
動作には支障がないし、SoftBankのロゴを隠したい向きにはいいのだけどね、
ベルト通しに装着できるパーツも附属しているが、腰からぶら下げるひとなんているのかな。

同時に注文しておいた保護フィルムは、感度も視認性もよく製品そのものには文句がないのだが、離型フィルムをはがしにくいのが難点で、貼り付ける際にちょっと失敗してはしっこが折れてしまった。

Desireに関しては、これまでちょこちょことtwitterにはポストしていて、Androidについてもいろいろ書きたいことはあるのだが、いまは諸事情によりゆとりがないので、とりあえずは写真でお茶を濁させていただく。


2010/06/01追記。
キーボードを使う際に端っこの文字が打ちにくいし、端っこのアイコンやリンクなども押しにくいぞ。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。