動作検証用Weblog

Fedora 11 PR は動いたか (I) 買い物篇


連休というと、ここ数年はPCのメインテナンスとか、ネットワークのメインテナンスとか、そんなことばかりやっている気がする。
いや、数年どころではないな。
初めて事務所のファイル・サーバとしてLinuxを導入したころだから、1997年とか1998年とかそれくらい、もう10年以上になるだろう。
事務所が無人と化し、かつ、自分も暇な時期ということで、5月の連休が選ばれたような気がする。
当時、本業はPC系ライターのWが「専属SE」をやってくれていて、試行錯誤を繰り返しながら、Linuxをインストールしたのもすでに遠い記憶だ。
以来、毎年連休になるとWと2人でPCをバラしてパーツを交換したり、OSを入れ替えたり、ネットワークを組み直したりといったことをやっていた。
年末の大掃除と同様、年中行事のようなものだ。

今年の連休は、自分のメイン・マシンの環境を4年ぶりに一新した。
自作PCが趣味の人間は毎年毎年PCを新調するようだが、強迫的に買い換えやアップ・グレードを唆すハード&ソフト・メーカの策謀に乗る気はしないので、PCを新調するのは4年とか5年に1度である。
80年代〜90年代後半までの、次々と目新しい技術が出てきたPCの発展途上期ならば、次々と新しいマシンに乗り換えたくなる気持ちもわからないではなかったが、90年代末からはそうした画期的かつ狂騒的な変化というのもなくなってしまった。
だいたい、事務職の人間がやる仕事内容なんてこの10年でそんなに変わっていないというのに、なんでこんなにマシン・パワーがないとOSすら動かないのだ。
おかしいではないか。
というような話をもう10年もしているような気がする。

しかし、いくら急激な変化がなくなったとはいえ、5年も経てばさすがにPCのアーキテクチャも様変わりしている。
そもそも自作PCが趣味なわけではないので、情報を常時仕入れているわけでもなく、現在のPCがどういうアーキテクチャになっているのか、CPUやメモリの規格などをイチから調べなくてはならなかったりする。
といっても、PC雑誌を買ってきて購入するほど気合いが入っているわけではなく、ネットでさらっと検索した結果、なんとなく今はAMDが面白そうだという気がして(さしたる根拠はない)10年ぶり(やたら10年という語が多いな)にAMDマシンを組むことにした。
ドライヴ類は買い換えたばかりなので、CPUとメモリとマザーボードの換装となるが、AMDマシンならば、最新かつ最上位のパーツでも5万円程度で済んでしまいそうだ。

問題は最新かつ最上位のパーツでLinuxが動くかどうかであるが、動かなかったらしばらく寝かせておけばいいくらいの呑気さである。
昔はLinuxをインストールするなら「枯れたパーツ」とよく言われたもので、実際そうでなければドライヴァがなくて動かなかったりした。
しかし、ここ数年は素性の悪いパーツでない限り、少し待てばだいたいなんとかなるようだ。
4年間使ってきたマザーボードも、買った当初はオンボードのLANやサウンド・チップを動かすのに苦労したが、1年も経たないうちに自動的に認識して標準ドライヴァで動くようになってしまった。
面倒なことが多いラップトップも、同じような感じだった。
どうせ新規インストールするのだから、最初はちょっと冒険して、出たばかりの64bit版Fedora11のPreviewReleaseをインストールしてみる予定である。
だめだったら、ラップトップで問題なく動作している64bit版Fedora10にすることにしよう、そうしよう、さようなら32bitOSよ。

とか思いながら、久々にいざ秋葉原へ。
おもむろに中央通りを歩いていくと、旧・日通本社ビルの跡地にベールならぬ養生シートを脱いだ巨大ビルが威容を現していてびっくり。
ふとその向かいを見ると、ヤマギワがソフマップになっていたりする。
調べてみると、すでに1年半も前にオープンしていたらしいが、ぜんぜん気がつかなかったよ、用がなかったしな。
ビックカメラの傘下となっただけあり、家電量販店のような店構えである。
潰れたツクモはヤマダに買収されて復活してるし、しばらく行かないといやはや秋葉原も大いに変わっているね、キミ、まったく。
店終いしたまま放置されているラオックス・ザ・コンピューター館はいったいどうなるのだろう。

その半面、小さなパーツ・ショップはどんどんだめになっていきそうな感じ。
昔みたいに怪しい(=面白そうな)バルクのパーツなんてものもあまり見かけなくなり、店頭はリテール品ばかり。
リテール品にしても、昔は大型店よりかなり安く入手できたりしたが、今は大型店舗や通販専門店に価格的に太刀打ちできないことが多い。
かく言うわたしも、いろいろなショップを見て回ったものの、結局、件の大型家電店のようなソフマップで購入してしまった。
だって、いちばん安かったんだもん。
「GW特価」とやらで、下調べした通販価格より安かったのだもの。
しかも、MBとCPUを一緒に買うとさらに値引きなんだもの。
と、なぜに言い訳しているのか。
ま、いい。

次回、インストール篇へ続く。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。