動作検証用Weblog

DesireをHTC公式2.3.3にしてみた その2 フォント変更篇


次はA2SDと思ったけど、先にフォント変更から。

作業環境として、Android SDK をダウンロードし、ADB SHELL を使えるようにしておく。
なお、現ヴァージョンでは、デフォルトではAndroid Debug Bridge (adb) が含まれておらず、アドオンとして追加インストールする必要がある。
tools ではなく platform-tools というディレクトリにインストールされる。
http://developer.android.com/s……index.html

また、Androidには標準でcpコマンドがないので、Desire側に予め統合シェルコマンドのBusyBoxをインストールしておく。
https://market.android.com/det……on.busybox

1)
SDカード(どこでもよいがルートが面倒でないかも)に使いたいTrueTypeフォントをコピーし、DroidSansJapanese.ttfとリネイムする。
著作権のことを考慮して、というかふだん使い慣れた IPAexゴシックにしておいた。

2)
ターミナルからadbシェルを起動する。
rootになって(デフォルトでパスワードは不要)から、まず読み込み専用でマウントされているsystemディレクトリを読み書き可で再マウント。
SDカードに置いたDroidSansJapanese.ttfをフォントディレクトリにコピーする。
mv でもいいと思うのだが、Cross-device link というエラーが出るので cp しておく。

# ./android-sdk-linux_x86/platform-tools/adb shell
$ su
# mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
# cp /system/sdcard/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts
# reboot


フォント入れ替え(というか追加)はこれでおしまい。
こんな感じでふつうです。

shot_000003

参考サイト
http://ameblo.jp/kakamen/entry……47912.html

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。